スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あたしの好きな漫画たち☆
通勤マンガーZ: 珍しく少女マンガの話でも。

の記事と、コメント欄をじっくり読んでいたら。
自分もアツク
漫画を語りたくなってきたので(笑)TBします、うふ。

あたしの好きな漫画♪

あたしが、小学生のときに七歳上の兄が
少年漫画雑誌を3冊買ってまして。

(^^)ウハウハ状態。

少年マガジン。愛と誠。読みながら、泣きはしなかったけど、その絵のリアル差と
話の哀しさに圧倒されました。
この頃ハマって読んでいたのが、「釣キチ三平」「オレは鉄兵」

あと、少年サンデーと、チャンピオンを買ってたような気がする。
でも、小学生のあたしには少年マガジンが一番、しっくりきてました。

今、思うとませ小学生だったんですね(笑)

小学生も高学年になると、いちおうおこづかいの量も増えまして。
自分で、漫画雑誌も買える。でもさすがに2冊は買えない。

小学生から読んでいた、別冊マーガレットは月刊誌で、これは結構ハマって
二十歳くらいまで読んでたんだけども。
6年の時は、キャンディキャンディの全盛期で。
私もごたぶんにもれずに、「なかよし」を買ってまして。

当時、りぼんは、ちょっとお姉さんっぽいお洒落な子が読む漫画で。
あたしは、ごくフツーのミーハー小学生だったもので(今と変わらんな…)
なかよし派でしたね。

でも、ひそかに、別マも好きでして。遠くにお出かけの時は、母にねだって
別冊マーガレットの分厚いのを嬉々として抱えて、急行電車に乗り込みました。

中学も卒業する頃になると、なかよしじゃちょっと物足りない。
でも…高校へ行ったあたしは…
漫画研究部へ入ったものの。

今度はSF小説へどっぷりとのめり込みました(笑)
高校の怪しい先輩たち(主に男性でしたね)の悪影響もあったのですけど。
7才兄が、週間漫画とともに好きだったのが、SFジュブナイルもの。

そこから漫画からは脱線しますけど。
筒井康隆、眉村卓、星新一にどっぷりとハマります。

でも…やっぱり別マだけは好きで(笑)
槙村さとるの「愛のアランフェス」(アイススケートのペアの物語)とか
「ダンシングジェネレーション」全4巻(ダンスもの群像劇。続編で、「NYバード」全3巻もあります)が特にハマりましたね。大人になってから、単行本で集めました。

あと、忘れていけない漫画家さんは…くらもちふさこ。倉持知子姉妹。
姉妹だって知ったのは割と、後になってからです。
くらもちふさこは、ミュージシャンものを書く時が、ものすごくノッて描いてた
気がする…「ポケットにいつもショパン」なんて哀しくて切なくて。
ピアノをやってる少女の話なんですけどね。

倉持知子は…雑誌は買ってなかったけど…絵が綺麗で。
大人になってから買っていた「ヤングユー」って漫画雑誌によく書いてたな。
あれには…、小椋冬美も描いてましたね。
「虹子the Party」って漫画が、とても好きで。
お見合い結婚した虹子と、旦那さんのハートフルストーリーです(^^)

マーガレットは、6年くらいハマってましたけど。
ヤングユーは…  それと同じくらいハマってた、漫画雑誌でしたね。

あたしも…  集英社に偏ってるかな 笑



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。