スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yahoo!携帯サイトより
お茶の効能

お茶の“活用法”
いろいろ♪
のむだけじゃない、
知られざるお茶の効果!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●口臭&歯周病予防に
口臭予防にはお茶をのむだけでもよいのですが、食後に歯の前後を通過させる要領でうがいをすればさらに効果アップ。さらに効果を上げるなら就寝前に茶液でうがいをします。そのまま何も付けずに歯磨きをし、うがいをして就寝。なぜなら、歯周病菌は寝ている間に増殖していくからです。
●台所の臭い消し
お魚を焼いた後など、嫌な臭い台所に残ります。そういうときはフライパンなどでお茶を空煎りすることで、台所が香ばしいお茶の香りに包まれて嫌な臭いをとることができます。
●冷蔵庫の消臭
冷蔵庫は様々な食品の臭いが充満しています。古くなったお茶や茶殻をヨーグルトなどの空き容器に入れ、冷蔵庫の隅の2箇所くらいに入れておきます。効果を高めるにはこまめに取り替えること。2~3日ごとに取り替えると、冷蔵庫内の臭いはかなり消えます。また臭いを消すだけでなく、カテキンの殺菌作用によって微生物の繁殖を抑え、食品を衛生的に保存できます。
●お茶枕
そば殻のかわりに天日でカラカラに乾燥させた茶殻を枕に詰めて使います。ほのかなお茶の香りが爽やかで、寝心地のいい
アロマテラピー枕ができます。安眠効果も高まるようです。番茶などの大き目の茶葉を利用するのがおすすめ。
●肥料に
茶殻を植木の根元に撒けば肥料としても利用できます。観葉植物や植木、庭木などの土の上に茶殻を撒くと、葉に残された栄養分がよい肥料代わりとなり、植物が元気になります。
●水虫対策
ガーゼやストッキング、
タオルなどに茶の葉を包み込み、湯を入れた風呂桶に浸しておきます。お茶の葉が開いたころを見計らって、その桶で足浴をします。あとでお茶の入ったガーゼやタオルで患部を洗えば効果的です。毎日続けることが肝心です。
●入浴剤として利用
古いお茶や茶殻をガーゼなどに包んで、お風呂に入れて揉みだしてみましょう。天然の入浴剤として利用できます。美肌効果に優れたビタミンCの補給ができるそうです。肌に触るとすべすべに。また手荒れ、汗疹などにも良く、肌も滑らかになり身体が芯から温まります。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。