スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道どたばた旅行記(1日目)
なにしろ、出発の駅から、やらかしてしまった。
切符を買うために、でかいカバンを載せたのがまずいけなかった。

携帯もiPodもちゃんと、装着していたのに。
小さいリュックもしょっていたのに…  笑

エスカレータの自分の回りを見回してみるとみんなでかい鞄持ってるのに
自分だけ持ってない (って早く気付け<自分)

そんなこんなで羽田空港到着。
でも飛行機が遅れてる…    ううううう~~~~ん

地上だけじゃなくって空の便も渋滞なのね。
でもあたしが一番苦手な離陸の瞬間の時間は少しだけど延期されたので
こころのなかでほっとする。

それにしてもすごい人だ。こんなたくさんの人があんなデッカイ機械に乗っかって
1時間と少しで、北海道まで行ってしまうのだから凄い。

札幌は4年前にいって以来。その時は、雪まつり直後でツアーが格安だった。
今回の旅は、ひたすら食べる旅(笑)

本日のメイン、帯広の桔梗でうわさの豚丼を食べること(^^)
帯広空港につくと、すしバーさんが待っていてくれた。
赤い彗星号にみんなで乗せてもらう。




ここから帯広の駅ビルの桔梗にGO!!
帯広もカァ~~~っと暑くてまいったまいった。でもじめっとした空気がないので
やっぱり、カリフォルニアの青い空じゃないけど、北海道には青い空が似合うなぁ
などと考えてた。

駅ビルはピッカピカに新しい。
桔梗は思ってたよりこじんまりとしていて。
でも従業員の人が多い(それだけメニューの数が多いってことかしら?)

マスターはちらっと写真で見るより、爽やか~なイケメンでございました。
目の保養だなぁ~などと、ちらっと思った今日この頃。

最初に、チャーシューが運ばれてくる。
腹ぺこりんのあたしたち、みんな順番にかじりつく。んまい!!!
それってまだまだ序の口だよねえと思いつつ。

いよいよ真打ちの「豚丼」登場~~~~!!!!
いや~~。もうすでにいい香り、香ばしいイイ香りがしています。
豚の上に、粗びき胡椒がいい塩梅でのっかってる。

ううううう…   かぶりつきたい(笑)
ほんとにかぶりつく。
でも大事にゆっくり食べたい気持ちと、バクバク一気に食べまくりたい
気持ちがクロスカウンターパンチ気味。

いや~~~旨い旨い。あっという間に無くなっちゃったよぉ。
もっと食べたい~~~~~~ と 豚好きのあたしはちっと思った。

とちゅう、茄子とキュウリのぬか漬け登場。
子供たちはふだん食べ慣れてないせいか、茄子が苦手みたい。
あたしもキュウリの方が好きかな。

お次は、十割そば。なんだかそばが、まるでモンブランのように皿に盛られて
いるのが神々しくって、食べるのがもったいない感じ。
でもしっかり、ばくばく食べたけど(爆)

いや~~~~歯ごたえがあってシコシコして。
あんなお蕎麦はなかなか食べたことがないよぉ===。

あれはやっぱり…わざわざ帯広にいった甲斐があったです、はい。
あたしは本来はうどんが好きなんですけどね。
ほんとうに美味しいお蕎麦なら食べます。えへ。

でも、豚丼でけっこう腹一杯になってるので、ちょっと苦しくなってたりする
次は、、、いよいよ韃靼そばの登場~~~。

やっぱり歯ごたえがあってシコシコは同じなんだけども。
韃靼蕎麦独特の、苦味が。
あれは…
お酒好きな人には
止められないだろうなあ~~~~~

っていうか苦味が好きな人には毎日食べたくなるだろう、味ですね。
くせになる味!!

豚丼は、子供たちも喜んでいたので万人受けする味だし。
韃靼そばは、反対に。
食べる人を選ぶ味だなぁ…などと思った。
苦いけど、いいんだよね。

コメント
コメント
十勝の風景って、なんか、アメリカの農場っぽくて面白いですよね。
なんもないのは釧路と同じでも、なんもない質が違うというか。
2006/08/16(水) 18:05:41 | URL | すしバー #- [ 編集 ]
すしバーさん>ほんとに空が高くて真っ青でしたよ>十勝帯広の空。
釧路も綺麗な空でしたよね。うふ。
農場… 釧路は馬のえさ用の袋が衝撃的でしたよ、いろんな色があって。
東京では見られない風景です、まさしく!
2006/08/18(金) 09:16:16 | URL | まみぃ #noug5WzI [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。